営業部

BUSINESS

営業部の事業理念は、「お客様の未来を創造する」です。

営業部の事業理念は、「お客様の未来を創造する」です。

__

一人一人、生活環境・境遇・趣味など異なるお客様に対し、お客様の求めているものを掘り下げ、お客様に合ったケーブルテレビ関連のサービスをご提案しています。

決して売りつけるような営業ではなく、お客様に満足してお使いいただけるように、お客様と一緒に、お客様に合った商品を考えながら提案するといった形で、クリーンな営業活動を徹底しております。

表面的には、お客様によって商品を変えているだけという印象がありますが、私たちが掲げているのは、「お客様の未来を創造する」という理念です。

私たちがご提案する商品をお使いいただくことで、お客様の人生が、今より少しでも豊かになり、楽しくなり、明日への活力になる、そんなより良い未来の環境を提供するため、日々取り組んでおります。

仕事内容

営業課は、当社自慢の営業力で、ケーブルテレビ関連商材の委託販売を中心に活動しております。
工事課では、丁寧且つ迅速にその後の機械の設置から操作確認を中心に活動しております。
サポート企画課では、ご契約内容の相違防止や、お困りごと解決を中心に、お客様をファンにするための活動を行っております。
このように営業・工事・サポートと3つの部隊にて、それぞれの課で活躍するスタッフは、配慮に特化しており、仕事の先に誰が居て、その方々にどのようにして喜んで頂くかを考えて業務に取り組んでいます。
もちろん、ご契約実績だけではなく、コンプライアンス意識向上のため、定期的に当社独自のコンプライアンス研修資料を使用した研修を実施しています。
その他にも個人情報紛失を防ぐために、当社独自の強固なチェック体制を採用し、活動しております。

QUESTIONON NO.1

仕事のやりがい

「お客様の未来を創造する」という理念を体現し、結果的にお客様からとても喜んでいただき、「あなただからご契約したい」と自分のファンになっていただけた瞬間は、とてもやりがいが感じられます。
もちろん、お客様だけでなく、会社の仲間や、クライアント様にも「ありがとう」と感謝されたり、応援して頂けるような関係性を構築できるのは、やりがいに繋がります。

QUESTIONON NO.2

仕事の難しさや面白さ

スキルの部分でお話をしますと、私たちは、週間にすると20件~30件のお客様宅にご訪問しております。一見すると、すごくルーティンな仕事をしていて、「毎日同じことして、それ楽しいの?」と映るかもしれません。
しかし、月間にすると100件、年間にすると1,200件のお客様宅に訪問し、1日あたりの訪問平均が3世帯のご家族様としますと、年間で3,600世帯の方と触れる機会があります。
本当に様々なご家庭に訪問し、ものの小一時間でお客様からお話をお伺いして、ご希望に即した商品をご提案して、ご契約をいただくというお仕事ですので、なかなか難しい仕事でもあります。
この難しい仕事を年間で1,200件行うということは、普通に過ごしていれば、なかなか得ることのできないコミュニケーション能力が身につきます。
日々活動していく中で、そういった能力を向上させていきながら、お客様も幸せにできることは嬉しいですね。

QUESTIONON NO.3

職場の雰囲気

レグセントジョイラーの「楽しさを追求(し共有する)」という企業理念の通り、追求していかなければ、何事も楽しくなりません。
例えば、負けず嫌いな人であれば、ランキングで上位に立つことで達成感を得たり、承認欲求が強い人であれば一生懸命頑張った結果、上司に褒められたりなど、しっかり工夫をしていかないと楽しくならないですよね。
だからこそ、レグセントジョイラーは理念浸透度が高い役職者を必ず各支社に配置しており、(楽しさを)追求していった先で、仲間と「共有する」ことで、もっともっと楽しくなるという仕組みを作っています。
また、2021年5月に全社員で作り上げた行動指針も完成し、悩んだ時の指針として明確化されましたので、営業部は「さあ、やってやろう!」といったベンチャー企業ならではの勢いがあります。

QUESTIONON NO.4

営業部に向いているのはどんな人?

全部署共通で素直な人です。
特に営業ですと、何か指導を受けた際に、受け入れる素直さがある人は、お客様に対しても柔軟に対応ができますので、向いております。
サポート企画課の場合は、営業課がご契約をいただいてくるためのサポートをするという役割ですので、支社の業績が悪い時、他責にせず、「自分に何かできることがないか」や、「自分のサポートの質の部分に課題があるかも。」など、こういった思考性を持っている人はすごく向いていると思います。
工事課は手先の器用な人や、配慮ができる人、責任感のある人が向いています。工事課スタッフの配慮一つで、ご契約いただいた商品がキャンセルになる可能性もあれば、長期利用したいなと思って下さる可能性もあります。
ご契約からご利用開始迄の中で、工事課がお客様宅に最後にお伺いするスタッフになるので、「最後の砦」というところでしっかり工事をし、気持ちよくお客様に使って頂けるようにする、そういった責任感がある人が向いています。

QUESTIONON NO.5

営業部の魅力とは?

圧倒的なコミュニケーション能力が手に入ります。
また、それによってお金を稼ぐ力もつきます。
営業職は、数少ない基本給以外のお金、インセンティブが支払われる職種の1つです。
例えば時給や、固定給というのは、時間に対してお金を払われますが、それに追加して成果報酬が払われるのは営業だけなのです。
また、一般的に営業は個人プレーの仕事かと思いますが、レグセントジョイラーは違います。チームでも数字を追っているため、なかなか営業がうまくいかない時も相談できる仲間がいます。

INTERVIEW

営業部