• HOME
  • 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

レグセントジョイラー株式会社は、アウトソーシング事業及び、キャッシュレス推進事業、飲食事業、キャリアデザイン事業、店舗・ITソリューション事業、海外事業、法人営業においての活動を通じて、『楽しさを追求し、共有する』を理念として活動しています。

この理念の実現には、情報セキュリティに関する企業モラルを堅持し、お客様からお預かりする情報資産ならびに経営資源としての情報資産をあらゆる脅威から保護することは重要な経営課題となります。
情報セキュリティマネジメントシステムを確立し継続的な改善を行うことによりこの課題を解消し、セキュリティ基盤をより強固なものとするために「情報セキュリティ基本方針」を定め、推進いたします。

経営者の責任

当社は、経営者主導で組織的かつ継続的に情報セキュリティの改善・向上に努めます。

法令及び契約上の要求事項の遵守

情報セキュリティに関する法令、その他の規範、ガイドラインおよび契約上のセキュリティ要求事項を遵守します。

情報資産の保護

保有する全ての情報資産の機密性、完全性および可用性を維持するために脅威および脆弱性の識別、リスクの特定を実施し対策を行います。

教育・訓練の実施

役員および従業員に対し必要な情報セキュリティ教育を実施し、本方針ならびに各種規程の周知徹底とリテラシーの向上を進めます。

違反及び事故発生時の対策

情報資産の漏洩、紛失、毀損、不正利用等の情報セキュリティ事故の未然防止に努めていますが、万一、情報セキュリティに関わる法令違反、契約違反及び事故が発生した場合には、被害を最小限に留めるとともに速やかに必要な情報を開示し、再発防止策を含む適切な対策を講じます。

環境変化への対応

事業領域や取扱う情報資産、情報通信技術等の変化に柔軟に対応し、情報セキュリティ管理のルールや仕組みを見直し、継続的な改善に努めます。

2022年1月5日 制定
レグセントジョイラー株式会社
代表取締役 社長 中馬 武士